【弘前大学起業家塾】平成28年度弘前大学起業家塾(第5回目)を開催しました

日時 平成28年10月26日(水)18:00-20:00
場所 弘前大学総合教育棟4階 405講議室
内容

平成28年10月26日(水),弘前大学総合教育棟405講義室において,「弘前大学起業家塾第5回目」を開催しました。

本起業家塾では,レンタルラボ等のインフラを活用し,学生や研究者を対象に,実際の起業家等による講演及びワークショップを中心とした起業家育成プログラムを実施することで,起業への意識醸成を図り,起業(VB)の促進,研究シーズ等を活用した起業家の育成及びイノベーションの創出を目指します。

第5回目となる今回は,青森銀行 地域振興部 調査役 小野 毅 講師を招き,「ビジネスモデルで考える事業の収益化ワークショップ」と題して,収益ツリーとフィッシュボーンチャートを使用した収益アップのための考え方や,ビジネスモデルを売上高獲得タイプと取引先によって分類して収入の持続性を高める手法等について紹介があり,日頃から「この企業はどのような収益モデルなのか」を考える姿勢が大切であると解説いただきました。青森銀行で実際に行われている研修の一部を抜粋した内容ということもあって,参加者からは実践的で有意義な2時間だったとの声が聞かれました。

当日は,学生,教員,企業関係者など22名が受講し,ワークショップ終了後も活発な意見交換が行われました。

主催 弘前大学研究・イノベーション推進機構
共催 弘前市・公益財団法人21あおもり産業総合支援センター・フューチャーベンチャーキャピタル株式会社・弘前商工会議所・ひろさき産学官連携フォーラム・日本政策金融公庫・みちのく銀行・青森銀行・青森県中小企業団体中央会
後援 青森県
参加者 22名
▲ PAGE TOP