ABSニュース配信 11/20

1.種苗法改正案衆院で可決 

yahoo ニュース

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6376989

日経(有料)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66407390Z11C20A1EE8000/

 

2.関連ブロク 「DNA配列情報の利用に対する利益配分 3 ー整理・全体像ー

https://abs-cbd.blogspot.com/

「DSIの問題がCBD(生物多様性条約)だけでないこと(1)、利益配分がCBDの成り立ち(1992年以前)からの

 一貫した課題であること(2)を紹介しました。

 それ以外にもDSIは様々な問題を巻き込み非常に複雑な状況となっています。それぞれの問題を紹介する

 前に私の頭の中の整理を紹介したいと思います」

 

3.生物多様性事務局(英語)関連webinar

遺伝資源に関するDSIのウェビナーシリーズ

https://www.cbd.int/article/dsi-webinar-series-2020
  生物多様性条約事務局は、ABS 能力開発イニシアティブと協力して、遺伝資源のデジタル配列情報(DSI)

 に関する情報を共有するためのグローバルなウェビナーシリーズを開催します。

 (https://www.cbd.int/dsi-gr/
 このウェビナーシリーズは、DSIとその重要性、および遺伝資源との関連性についての共通理解を促進する

ことを目的としています。
 このウェビナーシリーズは、ポスト 2020 年世界生物多様性フレームワークに関するオープンエンド

作業部会の第 3 回会合 (https://www.cbd.int/conferences/post2020)に向けて、CBD の下で

DSI がどのように取り組まれているかについて参加者を引き合わせるものである。
 ウェビナー1:DSIを理解する:その生産、流通、使用に関する技術的な概要。

2020年12月1日(火)午前7時~10時(米国東部標準時)(主催:ABS能力開発イニシアチブ)
 ウェビナー2:CBDの下での遺伝資源のデジタル配列情報に関連するプロセスと最近の成果。

2020年12月9日(水)午前9時~11時(米国東部標準時)(CBD事務局主催)
 ウェビナー3:遺伝資源に関するアクセスと利益共有、デジタル配列情報のための政策オプション。

2021年1月または2月、日時は未定(CBD事務局主催)

 

4.(Trend in Biotechnokogy)アンブラー論文「DSIはABSに貢献する」にエリザベスカルガーと、

  アンバーシュルツさんがコメント (有料記事)

https://www.cell.com/trends/biotechnology/fulltext/S0167-7799(20)30245-6

「このレターは、2020年7月のTrends in Biotechnology にオンラインで掲載されたAmblerらの論文

   Including Digital Sequence Data in the Nagoya Protocol Can Promote Data Sharing」で提起

  された点を取り上げたものである。このような貢献は、先住民や地域社会(IPLC)の視点に光を

  当てるためDSIに重要であるが、問題点は明確でなければならない。」

▲ PAGE TOP