ABSニュース配信 12/27


1. 平田機工
 植物遺伝資源の探索利用のための契約締結に関するお知らせ→詳細ははこちら
下記の通りアルゼンチン国立農牧技術院「Instituto Nacional de Tecnología Agropecuaria」との
間に植物遺伝資源の探索利用のための契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。


2. (JSPS科研費S)研究課題名 薬用資源植物の化学的多様性のゲノム起源詳しい内容はこちら
 生薬の多くが輸入に依存している中で、名古屋議定書により公正な利益配分を求めるようになったが、
むしろ国内栽培されてきた薬用植物のゲノム解明と知財防衛への大きなチャンスである。


3. (京都大学)遺伝情報を長期保存できる昆虫標本の作製方法を新たに開発 
-「遺伝資源」としての昆虫標本を次世代に-京都大学HP 研究成果


4. (植物遺伝資源欧州共同計画 ECPGR) 欧州評価Network 小麦と大麦のワークショップ報告書
報告書
 
 
※次回は1回おやすみを頂き1月10日から配信開始します。
▲ PAGE TOP