ABSニュース配信 11/29

 
1. DSIに関わるCBD報告書に対する各国のコメント
 1)データーベースとトレーサビリティーに関する報告書へのコメント
  ♦原文記事はこちら
  中国は、「現在INSDCに加盟する3カ国のデータセンターの能力開発はすべてのニーズを
 満たすことはできない。
  新しいNSDシステムは、INSDC規格とプロセス構築に適合している限り、中国のBIGDやCNG
 Bdbのを共有することを奨励されるべきである。したがって、現在のINSDCシステムの課題につ
 いて言及する方が、より現実的で適切です。」とコメント

 2)国内措置に関する報告書へのコメント
  ♦原文記事はこちら
  スイスは、「スイスはまた、DSIが遺伝資源へのアクセス時に設定されたMATによってカバーされ
 ることを認識している。」

2.  ドイツキール大学の体制
  ♦原文記事はこちら
  1)チェックリスト
  2) 名古屋議定書に対応したMTA


3. 名古屋議定書(NP)の適用に関する情報
  3.1 材料の原産国は?
  3.2 サンプリング合意であったか (すなわち、事前の情報に基づく同意(写真)、相互に同意事項又は
 国際的に認められた証明書、所轄庁が交付した試料の適合性(IRCC)
  「いいえ」 の場合は、必要に応じて許可を与えない理由を選択します (関連する文書 (例:NFPとのEメール
 連絡先など)、出身国、PIC/MATまたはサンプリング契約、緊急事態で収集されたサンプルの関係 等
▲ PAGE TOP