ABSニュース配信 11/1

 

1. 京大ら、雑草からアルテピリンC活性酵素を発見 高品質プロポリスの国産化に期待
https://news.biglobe.ne.jp/it/1027/zks_191027_9571725418.html
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/191018_2.html

2. オックスフォード大学自然史博物館のサラワクからのブルータランチュラ回収に関する声明
マレーシアのサラワク州から青い蜘蛛の新種についての違法取得ではないかと言われている中、
オックスフォード大学自然史博物館から、研究者とは関係性がない旨の声明がでました。
https://oumnh.ox.ac.uk/blue-tarantula-statement
「サラワクからのブルータランチュラ回収に関する陳述
論文の著者であるRay GabrielとDanniella Sherwoodは、オックスフォード大学自然史博物館に
勤務していない。レイ・ガブリエルは独立した研究者であり、博物館の名誉研究員である。;Danniella 
Sherwoodはこの博物館と正式な関係はない。
オックスフォード大学自然史博物館は、名古屋議定書による遺伝資源の管理に関する国際的な規制を
完全に遵守しています。博物館の購買方針に沿って、博物館は、違法に収集された標本を博物館のコ
レクションに受け入れることはなく、我々の研究者は、材料を調達する際に、すべての関連する国内
外の法律と手続きを完全に遵守します。」
関連文献:【論文】青い足のタランチュラは新種だったが彼らは合法に取得したのか?


3. バーバラ・クリーシー環境・農林水産大臣が、ルイボスへのアクセスと利益配分に関する協定を
発表しました。
クワトゥ、イゼルフォンテイン、西ケープ州 2019年10月28日
原文記事はこちら
「バーバラ・クリーシー環境水産大臣は、11月1日、西ケープ州のイゼルフォンテインにおいて、ルイ
ボスに関連する伝統的知識に関する業界全体の利益配分協定(ビーエスエー。)を締結する。関係者はコ
イ族やサン族、そしてルイボス工業である。協定は、大臣、全国コイさん協議会、南アフリカのサン協
議会、南アフリカのルイボス協議会が!Kwa Ttu San Culture and Education Centreです。2011年に
は、南アフリカのサン族を代表して南アフリカ・サン族評議会からアプローチを受け、商業的に利用さ
れているルイボスやハニーブッシュに関連する伝統的知識の所有権に関して、利害関係の認識、認識、
保護が不十分であることに懸念を表明した。その後の2015年の協議研究では、サンとホイコイがルイ
ボスやハニーブッシュの伝統的な知識を保持していることが明らかになった。ルイボスは医薬品、食品
香料、化粧品、エキスなどの製品の開発に商業的に利用されている。これらの商業活動は、2004年国家
環境管理:生物多様性法(2004年法律第10号。)(ネムバ)および2008年生物探査・アクセス・利益配分規
則(BABS規制)により規制されている。この法律はさらに、2013年に南アフリカが批准した生物多様性条
約の下での遺伝資源の利用およびそれらの利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定
書によって支持されている。」
 
▲ PAGE TOP