ABSニュース配信 10/25

1. (ITPGR)暫定自由作業部会の第9回会合が再開
IISD:http://enb.iisd.org/biodiv/itpgrfa/owg-efmls-9/2/24oct.html
食料と農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(OWG-EFMLS-9)のアクセスと利益配分の多国間システムの機能強化のための暫定自由作業部会の第9回会合が再開された。サブスクリプション方式の導入が検討されているが、主に利益配分率に関して議論が行われている。DSIの取り扱いについても、遺伝情報の流用と 使用による利益配分についても留意すべきであるとの意見が作業部会にて出された。交渉は継続中。

 

2. (信州大学)カンボジア南部において植物遺伝資源の探索収集・調査を行いました
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/news/2019/10/post-292.php
「令和元年10月1日から10月10日までカンボジア南部スヴァイリエン州、プレイベン州、カンダール州、コンポンスプー州、ココン州、カンポット州およびタケオ州において、植物遺伝資源の探索収集・調査を実施しました。本学部は、農林水産省委託プロジェクト研究「海外植物遺伝資源の民間等への提供促進」(PGRAsia)に参加しており、アジアにおける植物遺伝資源の探索、評価を実施しています。」

 

3. (オーストラリア)
https://www.allens.com.au/insights-news/insights/2019/10/ip-australia-moves-towards-protecting-indigenous-knowledge/
IPオーストラリアは、オーストラリアのIPシステムが先住民族の知識(IK)の保全と促進のためにどのように改善できるかについて、ステークホルダーの意見をまとめた報告書を発表した。法改正はまだ視野に入っていないが、IKの保護に敏感な企業は、先住民コミュニティとの公正な交渉と関与の条件を確立することに積極的になるよう奨励される。
Allens法律事務所

 

4.(サイエンス365days) 10月21日、この日、京大教授などを経て木原生物研究所長、国立遺伝学研究所長などを務めた木原均先生(きはら・ひとし、1893-1986)が、東京に生まれました。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67806

 

5. (動画)カリブ地域のABS
http://www.abscaribbean.com/access-and-benefit-sharing-abs-caribbean-region
参考資料
http://www.abscaribbean.com/sites/default/files/abs-week/ABS%20Week%20Presentation%203%20Assessing%20the%20Vulnerability.pdf

 

6. ABSに関する名古屋議定書はベラルーシの遺伝資源と関連する伝統的知識の管理を強化
https://abs-sustainabledevelopment.net/story/the-nagoya-protocol-on-abs-bolsters-belarus-to-better-manage-its-genetic-resources-and-associated-traditional-knowledge/

 

7. (オーストラリア)Allens法律事務所
https://www.allens.com.au/insights-news/insights/2019/10/ip-australia-moves-towards-protecting-indigenous-knowledge/
IPオーストラリアは、オーストラリアのIPシステムが先住民族の知識(IK)の保全と促進のためにどのように改善できるかについて、ステークホルダーの意見をまとめた報告書を発表した。法改正はまだ視野に入っていないが、IKの保護に敏感な企業は、先住民コミュニティとの公正な交渉と関与の条件を確立することに積極的になるよう奨励される。

▲ PAGE TOP