ABS学術対策チームよりお知らせ 9/4

I. (再アナウンス)2020年度 第7回 ABS講習会【事例編-筑波大学】をウェビナー(Zoom)で開催いたします
1) 講題
 (1) 海外における植物遺伝資源のフィールド研究とアクセスの手続きに関わる事例と留意点
 (2) ミャンマーでの植物遺伝資源探索収集との輸出手続きの近況
 
2) 講演者:筑波大学 渡邉和男 先生
 
3) 講演内容
  (1) 海外における植物遺伝資源のフィールド研究におけるABS関連他いろいろな手続きの必要事項を解説。
  (2) ミャンマーでの遺伝資源調査及び収集手続きについて。年々変わっており、外的要因にも注意が必要。
 
4) 開催日時、配信方法、参加登録、視聴方法
 開催日時:2020年9月15日(火) 13時30分-14時30分(1時間)予定
 配信方法:ウェビナー(Zoom)
 
5) 共 催; 一般社団法人日本育種学会、筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター
 
 
 
II. ご意見募集
現在、 下記のセミナーを準備中または検討中です。ご意見やご質問いただけると助かります(→abs@nig.ac.jp)。
・ラオス人民民主共和国の遺伝資源に関するセミナー準備中です。
・外為法(安全保障貿易管理)の対応
・体制構築に関するセミナー
・遺伝資源を用いる国際共同研究
・ABS指針に関するセミナー
・生息域外コレクション、カルチャーコレクションに関するセミナー
・モンゴル
 
▲ PAGE TOP