弘前大学創立70周年記念リレー学術講演会「過去・現在・未来への創造」 第五回「医学の魅力」を開催しました

日時 令和元年9月14日(土)14:00~15:30
場所 教育学部1階 大教室
内容

 弘前大学研究・イノベーション推進機構は,令和元年9月14日(土)に弘前大学創立70周年記念リレー学術講演会 第五回を教育学部1階大教室において開催しました。
 本講演会は,本学における研究成果を専門外の方々に分かりやすく発信し,学術研究を通じた地域との交流の場を設けることを目的としており,毎回講師を替えて全5回にわたり行うリレー形式の講演会です。
 7月に開催した第四回「微生物の魅力」からバトンを引き継ぎ,最終回となる今回は,大学院医学研究科 大山 力 教授を講師に迎え,「医学の魅力」と題して講演しました。
 講演では,ノーベル医学生理学賞の受賞業績を振り返り,人類の健康と繁栄に貢献してきた医学の進歩や臨床医の貢献についての講話の後,本学医学部の研究業績や地域貢献の実績などについて動画を加えながらの紹介があり,本学が2011年に東北・北海道で初めて導入した手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を使用した実際の手術映像も公開し,「痛くない,苦しくない手術を開発することが非常に大事である」ことを述べられ,参加者はメモを取るなど熱心に耳を傾けていました。
 当日は約90人の学生や市民らが参加し,大山教授の分かりやすく興味深い講演に,参加者からは,「全五回のリレー講演会の最終回にふさわしい内容であった」,「様々な分野の高度な講演を聞くことができて70年間の重みが感じられた」,「地元にこのような大学があることを誇りに思う」などの感想が寄せられ,盛況のうちに幕を閉じました。
 引き続き行われた受講証書等贈呈では,全ての講演に出席した31人に受講証明書及び弘前大学創立70周年記念グッズなどをまとめた記念品が贈られました。

 

1.講師の大山力教授

 

2.熱心に耳を傾ける受講生

 

3.受講証書等贈呈の様子

 

4.右から,佐藤学長,大山教授,郡機構長

主催 弘前大学 研究・イノベーション推進機構
来場者 約90人
▲ PAGE TOP