ABSニュース配信 6/13

1. (イベント)2020.7.8 伝統野菜についての国際ウェビナーセッション (名古屋大学)

アジアにおける遺伝資源と関連する伝統的知識の活用と保全のための

「東アジア・共感モデル」の構築

https://traditionalvegetables.webnode.jp/

日時: 2020年7月8日(水)14:00~17:00

会場: Zoomでの発表・議論、YouTubeライブによる一般公開
   開催言語: 英語、日本語で一部補足

 

 

2. 遺伝子データに関する規制はゲノミクスのイノベーションを脅かす可能性がある

https://zephyrnet.com/ja/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E3%81%AF%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%9D%A9%E6%96%B0%E3%82%92%E8%84%85%E3%81%8B%E3%81%99%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99/

(LABIOTECH)

Regulations on Genetic Data Could Threaten Genomics Innovation

https://www.labiotech.eu/in-depth/genetic-data-regulations/

 

   「遺伝子研究がますますデジタル技術に依存するようになるにつれ、国際的な規制は追いつくのに

     苦労しており、技術革新を阻害する恐れがあると懸念する向きもある。

     誰にとっても公平な遺伝子データの規制枠組みを開発することは可能だろうか。」

 
    3.  名古屋議定書の下でのアクセスと利益共有—Quo Vadis?機会とリスクを評価する6つの
         ラテンアメリカのケーススタディ

Access and Benefit Sharing Under the Nagoya Protocol—Quo Vadis? Six Latin American Case Studies Assessing Opportunities and Risk

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2020.00765/full

 

▲ PAGE TOP