ABSニュース配信 3/20

1. (日本微生物資源学会)  微生物資源をお探しの方へ
微生物資源の検索が一元的にできるようになっています
1)コレクションを探す2)JSMRS総合カタログを利用する
 
 
 
2. (韓国バイオメディカルレビュー)韓国の研究者がCOVID-19を阻害する物質を植物由来微生物より発見

Korean researchers found substance inhibiting COVID-19

http://m.koreabiomed.com/news/articleView.html?idxno=7744&fbclid=IwAR0-MwifLMFrd5W2pdzzcfdhuzqFD-4MDHBHi98Lne2MXDwU-JkSgweVczI

「植物由来のL.gasseriは、AIDS、肝炎、エボラ、COVID-19ウイルスのエネルギー源であるプリン酵素の活性化に影響を与えることから、COVID-19の拡散防止に有効であると考えられます。」

シーバックソーンは、グミ科ヒッポファエ属の落葉低木

 
 
【Webinar】
 1. アクセスと利益配分-名古屋議定書の発効-ドイツにおけるバイオテクノロジー企業への課題とアプローチ

BioM Biotech Cluster Development GmbH社

ウェビナー:3月23日1:30 PM~4:30 PM (ドイツ時間)

https://www.bio-m.org/veranstaltungen/detail/biom-webinar-on-access-and-benefit-sharing-and-the-nagoya-protocol.html

「バイオテクノロジー分野で生物多様性に取り組む企業にとって、これらのルールは何を意味するのだろうか。法的枠組みはどのように適用されますか?法的枠組みの範囲はどのようなものですか?「遺伝資源の利用」のような概念はどのように解釈すべきか。ABSの効果的なコンプライアンス体制はどのように構築されているのでしょうか。

このウェビナーでは、企業がABSのルールをナビゲートし、ドイツおよびその他の国でABSを遵守するための手順と実践を進めるのを支援します。」

▲ PAGE TOP