ABS学術対策チームよりお知らせ 4/24

新型コロナウイルス対応に関わっているすべての方に感謝いたします。
 

さて、4月22日(水曜日)に、

第一回 オンラインABS講習会を開催しました。74名のご参加をいただきました。

初めてのオンライン講習会でした。何回も練習したのにもかかわらず、

途中音声が切れてしまい、参加者の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。今後、

配信方法の改良を続けていきますので、もうしわけございませんでした。

これからもオンラインで講習会を行っていきますので、皆様よろしくおねがいします。

次回は、5月22日(金曜日)13時半から14時半、を予定しております。

内容は、提供国別情報といままでの質疑応答を考えています。

 

 

講習会に関する質問、要望

・定期的に開催していただけますと助かります。

 

・音声が途中で途切れて残念でしたが、何回も参加しているうちに、色いろなことが少しずつ理解がつながってきていることを実感しています。

 

・しばらく情報収集していませんでしたので、知識の再確認とともに現状を把握でき、非常に役に立ちました。ご苦労多いとは思いますが、是非継続してください。

 

・事前に寄せられた質問が紹介程度にとどまったので、もう少しフォローいただければありがたかった。こういった講習会は地方から参加しづらい部分もあるので、コロナ収束後もWEBでの開催又は受講機会の提供について検討いただければありがたいです

ポリシーやガイドラインについて医学部に特化した情報があればお教えください。

 

“・ABSの対象に関しまして、例えば比較的大型の生物(動物や植物)を取得した際に、その生物に付着しているウイルスや細菌も取得できると考えられますが、付着している微生物すべての特定が困難である場合、研究対象として付着しているウイルスや細菌を使用しないと明言していれば、本来取得する予定の動物や植物のみに関してのABS処理を行えばいいのでしょうか。

 

・PICに対する書式や手続きが整備されていない国があるというお話がありましたが、どういった地域に多いでしょうか。”

 

・最後に質問のあったカルチャーコレクションのお話をもう少し詳しく聞きたいです。ブラジル原産のものは、保管されていたサンプルの新たな利用がアクセスとみなされるので注意が必要とのことでしたが、その他の原産のものについては、どのように対応するのが望ましいでしょうか。

 

・今後もWeb方式による講習会の継続を希望します。終了後でもダウンロードして観れるような講習会の動画データファイルがあれば後日見直したりもできてより良いと思いです。

 

・ABSの基礎から現状までわかりやすく解説していただき,ありがとうございました.資料だけよりも,ずっと良かったです.

 

 

ABSチームへの意見、要望

・貴重な機会になりました。ありがとうございました。

 

・大人数を相手にするので、質問等はZoomのチャット機能を利用すると効率が上がります。

 

・今後ともよろしくお願いいたします。

 

・このような講習会を開催してほしい。他地域の意見も聞くことができ、大変勉強になりました。

 

・いつもわかりやすい講習会を開催してくださってありがとうございます。また参加させていただきたいと思います。

 

・ネット授業をする必要があったので、途中で抜けました。申し訳ありません。録画ができたら、良かったのにと思いました。また、これからもWeb講習会を開催してください。

 

・通常のセミナー開催が可能となっても、Webでのセミナー開催についても検討して頂けるとありがたいです。遠方からでも、交通費や移動時間を気にせずに参加できるので、Webなら参加したいというケースもあるように思います。

▲ PAGE TOP