ABS学術対策チームよりお知らせ 4/4

1.オンラインABS講習会 を行います。

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームでは、2020年4月22日(水)にZoomによるWeb会議方式で、2020年度 第1回ABS講習会を開催します。ご参加ください。

【概要】本講習会は、「ABSとは何か?」「ABSにどう対応すれば良いのか?」「ABSに対応した学内体制の構築はどうすれば良いのか?」など、基本的な内容を紹介します。また、次回のABS講習会は

4月に出た質問対応や、5月に海外からの遺伝資源取得に関する情報などを入れて行う予定です。

下記から申込ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe8_0grHpPqeUW8BM0cFX-jPBuqiX53oz1n9ZIjifzfNmsZmA/viewform

【開催日時・配信方法・視聴方法】

日時:2020年4月22日(水)  14時00分-15時00分(1時間)

配信方法:ZoomによるWeb会議

視聴方法:開催当日(2020年4月22日)午前10時頃、参加申込時にご登録のメールアドレス宛に、

      Zoom及び講習会の資料に関するURLを含めたメールをお送りします。

      ZoomはURLをクリックすると自動でインストールされます。

      資料は別メールでお送りするPWをご確認の上、ダウンロードをお願いします。

【講習会内容】(仮)   

 1) イントロ なぜABS対応が必要か?

 2) 生物多様性条約、名古屋議定書、ABS指針とは

 3) 大学・研究機関におけるABS 対応体制の構築・運営(学内フロー、契約書雛形)

 4) 研究者向けパンフレットの紹介

 5) 質疑応答

【募集人数】100名(先着順)

【申込期限】2020年4月17日(金)17時まで

      受付は先着順です。募集人数に達した場合は、申込期限前に受付を締切る

      場合があります。ご了承下さい。

 
 

2.HPに国際会議報告に「2nd OEWGにおけるDSIに関する報告」を追加しました。

http://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/2020/03/31/ic002-new/

The Second Open-ended Working Group on the Post-2020 Global Biodiversity Framework(2nd OEWG)

第2回ポスト2020生物多様性世界枠組みに関する公開作業部 会が2020年2月23日から25日の日程で、

イタリア・ローマにある国連食糧農業機関(FAO)本部会議場にて開催された。

報告書はこちらからOEWG2(ローマ)でのDSIのInforamtion Sessionの報告

▲ PAGE TOP