弘前大学ベンチャー認定企業

弘前大学発ベンチャー認定企業  ( )は認定日

◆弘前大学発ベンチャー認定の流れ

図:弘前大学発ベンチャー認定の流れ

※①申請は申請様式を参照。

◆弘前大学発ベンチャー認定対象

次のいずれかに該当するもの。

  1. 弘前大学で達成された研究成果又は習得した技術等に基づいて設立する場合
  2. 弘前大学の教職員又は学生を発明人とする特許を基に設立する場合
  3. 弘前大学の教職員又は学生(弘前大学を退職,卒業又は修了(以下「退職等」という。)した者で,退職等から設立までの期間が3年以内の者を含む。)が設立者となったり,その設立に深く関与して設立されるもので,国立大学法人法第22条第1項第5号に定める業務の遂行に寄与するものとして弘前大学が認めた場合

◆認定大学発ベンチャーへ行なう支援(原則として起業後3年間)

  1. 事務室又は研究室として弘前大学内にインキュベーション室を確保し貸与
  2. 貸与したインキュベーション室について,当該認定大学発ベンチャーの所在地とする商業登記を認める
  3. 研究設備等の利用を許可する
  4. 特許を基にした共同研究開発について,第三者に一定期間,当該特許権の実施許諾を行わない
  5. 事前承認を条件に再実施権付の実施許諾を認め,一定期間,当該特許の優先的実施を認める

◆様式

弘前大学における大学発ベンチャーの認定に関する規程 規程PDF
別紙様式1(第3条関係) 様式Word

このページを印刷

▲ PAGE TOP